九州ウィンターフェスティバル・九重氷の祭典

アクセスカウンタ

zoom RSS 氷の祭典◆再び

<<   作成日時 : 2012/01/12 23:30  

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

1/12 大分合同新聞

冬のにぎわい、九重に再び

 九重町の九重・飯田高原観光協会は11日、2月10〜12日に「長者原・氷祭り」を開催し、協会に加盟する七つの宿泊施設に彫刻の氷像を展示すると発表した。2008年に中止した「九重氷の祭典」以来の冬のにぎわいが飯田高原に戻ってくる。

 九重氷の祭典は1989年から地域おこしを目的に真冬の飯田高原に氷像の展示を続けてきた。一時は入場者が6万人を超えるイベントに育ったが、暖冬で氷像製作が困難に。さらに実行委員会が「みなし法人」として課税されたため赤字運営になり、中止した。
 氷祭りは、同祭典がなくなったことによって減少した冬場の観光客を取り戻そうと企画。町商工会も地域産業再生対策事業補助金として40万円の補助金を出す。この日、町役場で会見した小池由明同協会長は「くじゅうの冬の魅力をあらためて知ってほしい。来年も継続していけるようなイベントにしたい」と説明した。
 10日夕から各宿泊施設に氷像を置く他、長者原園地に足湯や町花ミヤマキリシマをモチーフにしたキャラクター「ミヤちゃん」の雪像を設置する。夜間は氷像や雪像をライトアップする。期間中、協会加盟の宿泊施設に泊まった客は他の加盟施設の温泉入浴が無料になる。日帰り客には千円で温泉手形を発行するなど、複数の温泉を楽しみながら氷像を見学できる。各施設は甘酒を振る舞ったり、コンサートを開くなど独自のもてなしを実施する予定。
 法華院温泉に宿泊して翌日に大船山に登る「九重冬山登山」、タデ原湿原の散策ツアーなども企画する。

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
氷の祭典◆再び 九州ウィンターフェスティバル・九重氷の祭典/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる