アクセスカウンタ

<<  2007年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


3万人が来場

2007/02/13 23:31
2月10日から12日までの3日間開催された、第19回九重氷の祭典。
3日間で約3万人の入場者があり、無事終了しました。

笑顔もキラキラ 3万人が来場 九重氷の祭典

暖冬による雪不足で全国各地で冬のイベントに影響が出る中での開催。
開会式での実行委員会会長のあいさつでは「大会を中止しようということは1回も考えなかった」
冬の寒さが厳しく、家に閉じこもりだった高原の人たちが、寒さを逆手にとって冬も外に飛び出して始めた、
南国九州では珍しい氷と雪のイベントは19回目を終えました。

九重氷の祭典実行委 氷雪像などの写真募集
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


氷の彫刻

2007/02/12 23:31
第19回九重氷の祭典では第九回「西日本氷彫刻コンテスト」も行われました。

画像

斉田和彦さんの「九重の森に恐竜出現」金賞に選ばれました。

九重町で西日本氷彫刻コンテスト 金賞に「恐竜出現」

その他の氷の彫刻
画像
画像
画像
画像


画像
画像
飯田高原特産 キャベツの氷漬け

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雪像

2007/02/12 10:31
画像
画像
飯田小学校PTA めじろん雪像飯田中学校 いのしし


画像
画像


画像

氷のすべり台
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


九重氷の祭典開幕

2007/02/11 10:12
画像
画像
「千と千尋の神隠し」の湯婆婆の雪像開会式の乾杯は飯田高原特産の牛乳で


大分合同新聞記事雪と氷と苦労の結晶 九重氷の祭典、12日まで

画像

子どもたちの合唱


画像

ワタクシも歌いました


雪不足で心配しましたが、開会を迎えました。
実行委員会の皆さんは、今回「中止」を考えたことは1回もなかったとのこと。
冬の厳しい飯田高原を盛り上げる行事。
元気な飯田高原の象徴です。

合唱は「坊がつる讃歌」「ロマンよ風になれ」の他「上を向いて歩こう」「夢をあきらめないで」を歌いました。
「夢をあきらめないで」はご存知元「あみん」の岡村孝子さんの代表作ですが、
飯田高原に昨年できた「九重“夢”大吊橋」の「夢」にちなんだ選曲。

今年は雪不足に悩まされ、それでも夢を持ち続け、開催にこぎつけた実行委員会の皆さんの気持ちを考えながら歌いました。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雪像作り

2007/02/09 22:55
小中学校のPTAの雪像作り作業は、本日18:00からでした。
雪不足の中、いのししとめじろん(来年の大分国体のマスコット)ができました。
写真は明日明るい時に撮って紹介します。

会場では徹夜の作業が続いています。
画像
画像
氷の彫刻作りは始まったばかり玖珠駐屯地の「湯婆婆」も少しずつ姿が


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


寒波来てくれー!

2007/02/09 12:18
9日付、大分合同新聞

寒波来てくれー!  あすから九重氷の祭典 雪不足にヤキモキ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


広島に雪を取りに行く

2007/02/08 22:51
本日のTOSテレビ大分のニュースから
 
 暖冬で各地の雪のイベントに影響が出る中、九重町では氷の祭典の開催に向けて9日に広島県に雪を取りに行くことを決めるなど苦しい対応に追われています。
 氷の祭典の会場となる九重町の長者原では今週土曜日の開催に向けて準備が進めらています。氷の祭典は真冬の寒さを町おこしにつなげようと始まったイベントですが暖冬の影響を受け関係者は頭を痛めてます。

 ところで暖冬による影響はここだけではありません。雪祭りの本場北海道のサッポロでも8日に雪ではなく雨が降り関係者を困らせています。また青森ではこの冬の雪のイベントを中止に追い込まれてしましました。九重町でも10基予定されていた雪像は6基になりました。会場の都合で2年ぶりとなるだけに実行委員会も何とか開催にこぎつけようと苦労しています。名物の「ジャンボすべり台」には近くのスキー場から雪を運ぶ予定で、また子供達がソリを楽しむ広場には9日に50トンの雪を広島から運ぶことを決めました。氷の祭典は今週土曜日から3日間の日程で開催される予定です。8日夜から県内は各地で雨になることが予想されていますが雪像への影響が少ないことを祈りたいものです。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


開会式で合唱

2007/02/08 14:12
例年、開会式で幼稚園児&保護者&地元ママさんコーラス「コールやまなみ」の
氷の祭典合唱団は合唱を披露します。
ワタクシ「雪の女王」も幼稚園の末っ子と合唱に参加します。
今日は最後の練習会。

演目は
「夢をあきらめないで」
「上を向いて歩こう」
「坊がつる讃歌」
「ロマンよ風になれ」

「ロマンよ風になれ」は大会期間中ずっと会場で流されています。
「くじゅう」「坊がつる」の歌詞が入っていて、これまでずっと聞いてきましたが、
詳しいことを知らなかったのでネットで調べてみました。

作詞:たきのえいじ  作曲:たきのえいじ  編曲:矢野立美
吉川由美さんという方が歌っているのですね。
1988年の「NHK 九州のうた」として取り上げられているようです。

「ロマンよ風になれ」
つばさひろげて たわむれるとりよ
北へ進路向けて どこへ行く
茜色した くじゅうのやまなみ
秋が音も立てず 立ち止まる

ロマンよ風になれ あの人に届け
季節をぬりかえて めぐり合いたい

若きくちびる 重ねたあの頃
時のうしろ姿 見えてくる
語りあかした 友と友の顔
遠い物語の1ページ

ロマンよ風になれ あの人に届け
季節をぬりかえて めぐり合いたい

ひとりたたずむ 山小屋のほとり
風が通り過ぎる 坊がつる

 ロマンよ風になれ あの人に届け
季節をぬりかえて めぐり合いたい


画像

娘と合唱に参加した時(10年前)


坊がつる讃歌
人みな山に酔うときも 
残雪恋し山に入り
涙を流す 山男
雪解(ゆきげ)の水に春を知る

ミヤマキリシマ咲き誇り
山くれないに大船の
峰を仰ぎて山男
花の情けを知るものぞ

四面山なる坊がつる
夏はキャンプの火を囲み
夜空を仰ぐ山男
無我を悟るはこの時ぞ

いで湯の窓に夜霧来て
せせらぎに寝る山宿に
一夜を憩う山男
星を仰ぎて明日を待つ
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


道路は渋滞するかな?・・・

2007/02/07 00:11
例年、氷の祭典会場までの道路は渋滞します。

ワタシのところのお客さんのために渋滞地図を作っています。

今年は渋滞が危惧に終わるかもしれないけれど・・・

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


歴代ワッペンコレクション

2007/02/06 21:08
入場者ワッペンを保存していました。

画像
画像
最初の頃は年代が入ってなかった2003年から2005年


途中、缶バッジだったことがあったけど、それは見つからない。

今年は何色でしょう?
画像アップは止めておきます。
九重“夢”大吊橋が描かれています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雪詰め作業

2007/02/06 21:04
2月5日、小中学校の雪像作りのために作った型枠の中に雪を詰める作業。

画像
画像
ユンボで雪を入れる踏み固める


画像
画像
自衛隊の雪像型枠をはずし始めた
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


氷のすべり台

2007/02/02 15:30
氷の祭典会場で子どもたちに人気の氷のすべり台。
会場の斜面を利用して長さ50mのすべり台が作られます。

画像

そりで滑ります。会場でも売っていますがあればもって来ましょう


このすべり台に使われる氷は標高の高いところで作る天然の氷。
農家のプラスチックの育苗箱にビニールを敷き、水を張って凍らせています。
画像
画像
雪に覆われているけど氷を作っている雪をはらってみると
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雪作り

2007/02/02 15:09
雪像作りのために雪がたくさん必要。
飯田高原は2月1日から雪が降りましたが
それだけでは足りないので、スノーガンを使って雪を作っています。
実行委員が会場に泊まりこみで昼も夜も雪作り作業。

画像
画像
スノーガン雪を吹きつけ樹氷を作っている



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2007年2月のブログ記事  >> 

トップへ

九州ウィンターフェスティバル・九重氷の祭典 2007年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる